九星占い

これらの数字に色や五行十干や十二支、易で用いられる八卦などを組み合わせて解釈を持たされています。
九星に用いられている色は、白・黒・碧(青)・緑・黄・赤・紫の7色です。
これらにかつて中国で世界を形成する5つの要素と信じられていた木・火・土・金・水の五行とその五行を兄(え)・弟(と)に分けた甲・乙・丁・丙・戊・己・庚・辛・壬・癸で表す十干、日本でも用いられいる十二支、八卦を組み合わせているのです。
九星占いは、これら九星を割り出すことでその運勢を占いますが、それぞれ一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の九つの星に分けられており、それぞれの年、月、日、時刻に割り当てられています。
毎年干支がめぐるように、九星も年ごとにめぐっています。
九星の移り変わりは立春によって分けられており、節分がかつての年の大晦日であった名残を残しています。
九星占いは月ごとの九星の割り当ても、立春から啓蟄を1月するなど、陰暦を元にした占いといえるわけですね。
九星は九紫火星の次は八白土星が割り当てられ、年を経るごとに減算するように進んでいきます。
そして一白水星のあとにはまた九紫火星に戻るというあんばいです。
この九星を生まれた年に当てはめて運勢を占うのが九星占いというわけです。
九星占いでは運勢や特性、その年の特徴などを占うことができるほかに、相手の生年月日を用いて相性なども占うことができることから、女性を中心に現在でも人気を呼んでいます。
また、年ごとに九星が割り当てられていることから、その人の九星と組み合わせてその年の運勢なども占うことができるため、年単位での運勢を占い今後の行動の参考にできると人気を呼んでいます。
最近では誕生日を入力するだけで占えるサイトや、相手の誕生日を入力して相性を占うサイトなども無料で利用できるところが増えているため、気軽に試すことができると人気を呼んでいます。
そのほかでも、九星占いは九星の割り出しが比較的容易にできることから、女性誌を中心に頻繁に特集が組まれており、星座による占いに次いで触れやすい占いと言えます。